So-net無料ブログ作成
検索選択
アフリカ ブログトップ

不如帰・ジャガランダ [アフリカ]

ss.jpg

ほととぎす」の漢字って「不如帰」こう書くのですね・・・。
ニホンゴハムズカシイデズ。
今回のお稽古では
この紫色のお花が一輪
瀬戸の花器に生けてありました。
その後家に持帰り、テーブルの上に生けられています。
この色を見て、アフリカの花を思い出しました。

ジャガランダ

南部アフリカは丁度今 春を迎えています。
実は南アってお花でも有名でもあるんです。
ナマクワランドという場所は今ごろ、きっと色んなお花で咲き乱れているでしょう。
ここの花を目的の観光が人気でいつもいっぱいです。

日本の春といえば「桜」
アフリカの春といえば「ジャガランダ」
というくらい南アの今は力強い紫色のジャカランダが町中に咲き乱れています。

桜の色は日本のイメージにぴったりだけど
ジャカランダのラベンダー色はアフリカ大陸にぴったりです!

ヨハネスブルグの高台から 街を見下ろすと
一面紫。花達が強く主張しているようです。
このジャガランダ、日本の桜と違う点は、
・1ヶ月程度咲きつづける
あと・・・
・現地の人はお花見などしない

ジャガランダの花は10月〜11月上、中旬頃まで見頃!
お花見がないのも、1ヶ月くらい咲いているからじっくり愛でなくてもいいのですね、きっと。

今のシーズン アフリカは最高です。
冬眠してた動物もそろそろ活動し始めるので
サファリのベストシーズン♪
嗚呼行きたい。。。

ジャガランダの写真が見つかりませんでした・・・


不如帰・ジャガランダ [アフリカ]

ss.jpg

ほととぎす」の漢字って「不如帰」こう書くのですね・・・。
ニホンゴハムズカシイデズ。
今回のお稽古では
この紫色のお花が一輪
瀬戸の花器に生けてありました。
その後家に持帰り、テーブルの上に生けられています。
この色を見て、アフリカの花を思い出しました。

ジャガランダ

南部アフリカは丁度今 春を迎えています。
実は南アってお花でも有名でもあるんです。
ナマクワランドという場所は今ごろ、きっと色んなお花で咲き乱れているでしょう。
ここの花を目的の観光が人気でいつもいっぱいです。

日本の春といえば「桜」
アフリカの春といえば「ジャガランダ」
というくらい南アの今は力強い紫色のジャカランダが町中に咲き乱れています。

桜の色は日本のイメージにぴったりだけど
ジャカランダのラベンダー色はアフリカ大陸にぴったりです!

ヨハネスブルグの高台から 街を見下ろすと
一面紫。花達が強く主張しているようです。
このジャガランダ、日本の桜と違う点は、
・1ヶ月程度咲きつづける
あと・・・
・現地の人はお花見などしない

ジャガランダの花は10月〜11月上、中旬頃まで見頃!
お花見がないのも、1ヶ月くらい咲いているからじっくり愛でなくてもいいのですね、きっと。

今のシーズン アフリカは最高です。
冬眠してた動物もそろそろ活動し始めるので
サファリのベストシーズン♪
嗚呼行きたい。。。

ジャガランダの写真が見つかりませんでした・・・


グラビアモデル!? [アフリカ]

cfb5ccdc.jpgええ、そぉーですとも
グラビアモデル♪

通りすがりの日本人的要素での使用ですけどね
でもね私が写っている事に大きな意味があるのです。

旅行会社の南部アフリカ旅行ガイドブック制作の為コーディネートとして同伴しました。
この本の最終仕上げ
表紙を決める際、
kaoritaが写っていた方が
「日本人観光客inアフリカ!」というリアル感が出て
より一層行きたくなる心理をつかむ!
と、そんな理由で採用。(まぁ一理ありかな・・)

ちなみにわたくし、MOKOROというボートに揺られて
ジュース片手にサファリを楽しんでいます。贅沢ですよね〜
か・な・りリラックスモードだけど
たくましく仕事している姿なんですよ。

このようにサファリカーじゃなくても様々な方法でサファリを楽しめます。
・小舟サファリ、
・ボートサファリ
ウォーキングサファリ(レンジャーも一緒なので安心)
乗馬サファリ

ちなみに撮影場所はボツワナのオカバンゴ・デルタ

http://www.okavango-delta.net/photos.htm

宿泊先はシンディキャンプ
http://www.kerdowney.com/destinations/shinde_facilities.html
ディナー風景。
このキャンプのオーナーやレンジャー達と語らいながら
過ごします。


グラビアモデル!? [アフリカ]

cfb5ccdc.jpgええ、そぉーですとも
グラビアモデル♪

通りすがりの日本人的要素での使用ですけどね
でもね私が写っている事に大きな意味があるのです。

旅行会社の南部アフリカ旅行ガイドブック制作の為コーディネートとして同伴しました。
この本の最終仕上げ
表紙を決める際、
kaoritaが写っていた方が
「日本人観光客inアフリカ!」というリアル感が出て
より一層行きたくなる心理をつかむ!
と、そんな理由で採用。(まぁ一理ありかな・・)

ちなみにわたくし、MOKOROというボートに揺られて
ジュース片手にサファリを楽しんでいます。贅沢ですよね〜
か・な・りリラックスモードだけど
たくましく仕事している姿なんですよ。

このようにサファリカーじゃなくても様々な方法でサファリを楽しめます。
・小舟サファリ、
・ボートサファリ
ウォーキングサファリ(レンジャーも一緒なので安心)
乗馬サファリ

ちなみに撮影場所はボツワナのオカバンゴ・デルタ

http://www.okavango-delta.net/photos.htm

宿泊先はシンディキャンプ
http://www.kerdowney.com/destinations/shinde_facilities.html
ディナー風景。
このキャンプのオーナーやレンジャー達と語らいながら
過ごします。


アフリカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。